Ceiba pentandra  / パンヤノキ
 科名属名学名 アオイ科 Ceiba pentandra           (従来科名 パンヤ科) 
 タイ名 นุ่น(ヌン) 
 その他名称 英名White silk cotton tree,Kapok  
 原産地 熱帯アメリカ原産。西インド諸島・熱帯アメリカ・熱帯アジア・アフリカ
 用途など  木材。綿は袋物用。観賞樹。

     
 花  花序
   
 チェンマイにて撮影  果実  果実

   
 5片に開裂した果実  葉  板根

 樹形・幹・葉 高さ20m落葉高木。幹は直立。枝は水平に輪生。幼木に棘。葉:掌状複葉。小葉は5~8枚。
 花・果実 花:乳白色,花弁5は基部合着。単生又は10数個群生。
        果実:さく果。長さ15~20cm紡錘形。熟し5片開裂。    種子:長毛あり。多数。
 花期 1~3月開花。
 
 果実の綿(種子の繊毛) パンヤノキの種子の繊毛とワタノキの種子の繊毛の違いは,パンヤノキの種子繊毛は紡いで糸状にすること(紡錘)ができないが,ワタノキの種子繊毛は紡いで糸状にできることにある。この違いは大きく,糸状にできればこれを織ることによって布や衣類が作れるが,できなければ衣類は作れない。パンヤノキの種子の繊毛は紡げないので,クッションなどの詰め物に利用されるにとどまっている。同じパンヤ科のキワタノキも同様である。
 
 雑感 チェンマイにはいくらかの植樹。全落葉~花蕾多数~開花~新緑の新葉と果実~果実の炸裂・種子繊毛の散布と一年を通じて姿変化の大きい植物である。種子繊毛(綿)の散布期間が長く,除去清掃は大変な手間のようだ。

 TOPへ


inserted by FC2 system