Bauhinia saccocalyx/タイ・オーキッドツリー
 科名属名学名  ジャケツイバラ科・Bauhinia saccocalyx
 タイ名 เสี้ยวป่า(シアオ・パー)
 その他名称 英名 Thai Orchid Tree 
 原産地・分布 東南アジア大陸部。            タイでは南部タイを除く各地の雑木林に生育。 
 用途など 葉は薬用。庭木として植栽(枝に蔓性があるので敷地内植栽は少ない)
      
 花  花序
   
 花博公園にて撮影  果実  葉
 
 幹  花と葉  

 樹形・幹・葉 高さ10m落葉樹(枝は蔓性あり)。葉:単葉・互生。長さ6~10cm卵円形または心形先2裂。薄い。
 花・果実 花:花径8~10mm・咢2裂・花弁5白色・雄蕊3長・雌蕊5短。芳香あり。枝先付近の葉腋に散房花序 
       果実:莢果。長さ7~14cm扁平帯状先尖。熟して裂開2片。種子3~5個
 花期 花期 4~5月開花。6~7月結実    
 
 雑感 チェンマイ市内では普通によく見かけるバウヒニア属である。花は多数咲くが白色で小さく目立たない。果実はよく生り、花後は超多数ぶら下がっている。原産地の植物だなあと思う。
英名はThai Orchid Tree!タイのOrchid Treeは HongKong のOrchid Tree と比べ花の美麗さでは全く劣勢だが、原産地の自生種で果実が超多数!私はHongKong の創作植物より、タイの自生の自然な植物のほうに親しみを感じますね。


シアオ・パーの街路樹  花は樹の上のほうにたくさん咲いているのだが白くて小さくて上手く撮れてない。
 


 TOPへ


inserted by FC2 system