Musa ABB group cv.Namwaa/バナナ(クルワイ・ナムワー) 
 科名属名学名  バショウ科芭蕉属 Musa ABB group cv.Namwaa
 タイ名 กล้วยน้ำว้า(クルアイ・ナムワー)、กล้วย(クルアイ)        別和名実芭蕉       
 その他名称 英名Banana、BananaTree     中国名ー香蕉
 原産地・分布 熱帯アジア・マレーシア原産(パウア・ニューギニア説有力)。 
 用途など 果実を食用。茎を食用。葉を食器・包装・調理用等に利用。葉は屋根葺きに利用。 
   
 花(花序)  幼果
   
 チェンマイ市内にて撮影  果実(果硬倒立)  葉(調理・包装等に利用)
     
 果実(タイ産ナム・ワー種) 日本に多い(フィリピン産セニョリータ種か)) 市場にて  焼きバナナ
     
 野菜市場にて  花序1個   花序裂開(全部位が可食)   花序分解(幼苞葉・花・花托)
     
 バナナノキを切断(宿のメードさん)  野菜市場にて  偽茎調理前  野菜市場にて 調理済(輪切り)

 樹形・幹・葉 高さm常緑草本。茎は地下茎。地上部は葉鞘が重なり合って偽茎を形成。葉:大きな長楕円形。
 花・果実 花:赤紫色の苞葉に覆われた花(花序)が、偽茎の先端から下垂する。苞葉に覆われた花は20個程       連なり、これが何層にも重なって花序を構成する。(かなり変則的特異的な構成と思う) 
       果実:ややくねった円筒形。緑色~黄色に熟。種子:掲載種は2倍体ゲノム(AA)のため不稔。
 花期 通年       
 芭蕉属とバナナについて バナナは芭蕉属のうち果実を食用とする品種群、又は果実を意味する英語であり、芭蕉属全体を意味していないことは要注意である。日本の芭蕉(:Musa basjoo)はバナナとは言わない。

芭蕉属の品種は実に多数あるが、タイで果実(英語バナナ)を食用とする品種は、通常กล้วยน้ำว้า(クルアイ・ナムワー)でありやや角張った概観で、植栽は最多と思われる。 上記の特徴は本種に沿って説明した。
 
 果物 タイのバナナ、クルアイ・ナムワーは、香りは好いが(日本人は)甘さがやや不足と感じるられるかも?タイのバナナは、果物は甘くてジューシーものが美味しいと感じる日本にはやや不向きかもしれない。
私の定宿(外国人向)近くの野菜市場には、このナム・ワー種に加え、フィリピンに多い種も常時置いてある。
食べ物の味覚・美味しさの基準は、国や文化また料理法等によってかなり異なり、また変化もするので、日本人的な評価は差し控えたいと思います。多分、一夜干し、揚げる等の料理をすると味覚は全く変わるので評価は一変するかと思われます。 *蛇足:インドネシアではバナナ(ピサン)は揚げて(goreng)食べることが多い。
 
 野菜 果実:バナナは草本の果実なので野菜(果采)と思われますが、バナナ(果実)については省略します。
    花序:バナナの花序は野菜市場では必須の野菜である。食用部分は、濃紫色の苞葉を除いて全て食用である。裂開した花序は、細断してケーン(スープ)の具にすることが一般的なようだ。
    偽(仮)茎:芭蕉属の植物の茎と見える部分は、茎ではなく葉鞘の重なりであり、この部分を食用にする。
 
 雑感  バナナは種類も食べ方も豊富なので、果物として生食一辺倒の日本もやがてはバナナに対する食文化に変わりがあるかもしれませんね?

 TOPへ


inserted by FC2 system